ブログ

Blog

心理検査についてーその1

目次

こんなことはありませんか。

・幼稚園から〈お医者さんにご相談してみたらいかがですか〉と勧められた
・初めての子どもなので、育て方がよく分からない
・他の子となんとなく違う気がする
・育てづらさを感じる
・成長が遅いようなきがする
・なんとなく心配

これらは保護者の方がよく言われることです。また、幼児の場合、3歳児検診などで「ちょっと様子をみましょう」と言われたことがあるけど、なんかモヤモヤしたまま時間が経ってしまい、小学校入学してから不適状態になっているというお話も聞きます。
お子さんの現在の状況を知ることで、早めの対応が可能となります。また、その子を理解した関わりをすることが、発達を促す効果にもつながります。
無駄に時間が経つことを選ぶのではなく、お子さんを理解して将来につながっていく関わりができる選択をしませんか。
乳幼児の発達検査のひとつに「遠城寺式乳幼児分析的発達検査法」があります。今回はこの検査について説明をします

遠城寺式乳幼児分析的発達検査法

「遠城寺式乳幼児分析的発達検査法」の対象は、0歳0ヶ月から4歳8ヶ月の乳幼児です。
〈運動(移動運動、手の運動)〉、〈社会性(基本的習慣、対人関係〉〉、〈理解・言語(発語、言語理解)〉の3領域6項目で発達の状況を知ることができます。

生活年齢(実年齢)とプロフィール表を比べることで、発達の早さや遅れがわかります。また、発達のアンバランスも把握することが可能です。この検査を継続的に実施することで、発達状況を把握することができ、過去の検査結果と比べて成長が視覚的に理解しやすくなります。また、遅れがちなところにどのようなアプローチをして成長を促したら良いのかなどの対応も考えられます。
「遠城寺式乳幼児分析的発達検査法」は4歳8ヶ月までは初回検査から4~8ヶ月おきに継続検査をすることをお勧めしています。

アートワークぐんまでは、乳幼児にはこの検査を使っています。簡易検査ではありますが、所要時間は短く、保護者の方が理解しやすいのと家庭で出来ることが分かりやすく、その成果を確認することもしやすいです。
通院はちょっとハードルが高いと思っている方は、気楽にお越しいただいて現在のお子さんの状態をまずは確認してみてください。
そして、お子さんが社会の中でのびのびと健康的に過ごしていくためにお役立て下さい。

検査料金

保護者様とお子様でお越しいただいて、日頃の行動を伺いながら検査を進めていきます。
検査時間は20~30分程度で、その前後にお話を伺いながらアドバイスをさせていただきます。

料金:遠城寺式乳幼児分析的発達検査 及び アドバイス  8,000円(70分)
   
   ぐーちょっき特典:後日、当日の検査結果をA4用紙1枚にまとめて送付します。

まずはホームページからお問い合わせ下さい。日程はご相談のうえ決めさせていただきます。

※必要に応じて医療機関をお勧めすることもあります。また、現在医療機関やカウンセリングを受けている方はドクターや心理士とご相談してからご利用ください

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ